三菱電機、マレーシア FA センター開設

三菱電機は、マレーシアの販売会社である三菱電機セールス・マレーシア内に、「マレーシアFAセンター」を開設し、FA 製品のサービス業務を 3 月 1 日から開始する。

マレーシアは日系企業が多数進出し、電気・電子、自動車、食料・飲料等など広い業界でFA 製品の幅広いサービスに対する要望が高い。これまでマレーシアのサービスはシンガポールのアセアン FA センターが担当してきたが、今回の開所によってFA 製品に関するトレーニング、技術相談、システム提案、修理を迅速に提供可能になる。

センターはエンジニア21人(うち日本人1人)体制で、 シーケンサ、インバーター、サーボ、表示器、ロボットのトレーニング、技術相談、システム提案、修理対応を行う。日本語、マレー語、英語で対応可能。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2021/0215-b.html

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る