Check !!

ボーダフォン APACビジネス意識調査、日本企業の課題は思い切ったDX推進

ボーダフォンは、ポストコロナに対するAPAC地域におけるビジネス意識の調査を行い、将来に向けた準備ができている企業・組織に共通する特徴を分析したレポート「Vodafone Business Future Ready Report(APAC)」を公開した。

レポートでは、コロナ禍を受けてDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させた企業は、APACは58%だったのに対し、日本は34%にとどまり、日本企業はより思い切った措置を講じる必要があると指摘した。

 

レポートでは将来の準備ができている企業・組織について、6つの特徴があるとしている。①変化に対して前向き、②新たなテクノロジーに対して柔軟、③ビジネス変革に向けて具体的な行動を起こしている、④詳細な戦略を構築している、⑤現在の動向や不確定要素について最新の情報を得ている、⑥順応性があるとしている。

一方、日本企業は、2021年と将来の予測、取り組みに対して慎重な姿勢。APACでは54%が21年のビジネス展開に大きな期待を寄せているのに対し、日本では27%。ビジネスモデルを大幅に変更する必要性に対してもAPACは48%は必要であるとしているのに対し、日本は30%にとどまっている。さらに必要だと認識していても、実際には難しいだろうと予測している企業が65%もあった。

日本企業もデジタルトランスフォーメーションの計画を加速する考えは持っているが、「変革か死か」といった意識が社内に浸透しているかどうかは、企業の意識によって大きく分かれる。将来に向けての備えがある企業では64%がその意識を持ち、備えのない企業では48%にとどまった。備えがある企業では55%が経営陣など上級管理職のサポートがあるとした。

 

デジタルトランスフォーメーションのビジネスメリットについて、長期的にもサイバーセキュリティの強化、イノベーション/研究開発の増加、スタッフ間のコミュニケーションやコラボレーションのカイゼンが期待できるとしている。

レポートが以下よりダウンロードできる。
https://www.vodafone.com/business/ja-jp/future-ready-apac-report-jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG