アズビル 東南アジアのラボ参加、ビルディングオートメーション技術を推進

アズビルは、スマートシティの開発を後押しする革新的なビルディングオートメーション(BAS)技術を協創し、実証実験を行う「スマートアーバン共同イノベーションラボ」=写真=の取り組みに参加する。

同ラボは、2020年10月にシンガポール政府の支援を受けてキャピタルランド社が開始したもので、スマートシティにおける各種ソリューションの開発のために設立された東南アジア初の民間主導の研究拠点。キャピタルランド社のシンガポールサイエンスパーク内にあり、さまざまな業界のリーダーが集まって、スマートシティに関連する革新的な技術を協創し実証実験を行っていく。

取り組みでは、アズビルのビルディングオートメーションの技術力とラボに参加している多くの業界リーダーの力を集結し、新たな概念やアイデアの実現可能性を示すための技術開発、PoC(概念実証実験)、導入を進め、ビルにおいての顧客満足や快適性の向上を実現する。

アズビルは将来的に、建物のライフサイクルにおいてエネルギー管理ソリューション技術の開発およびファシリティマネジメントを行うため、各社とのパートナーシップも検討するとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG