富士電機機器制御「スプリング端子機器」シリーズにコマンドスイッチ追加

富士電機機器制御は、配線工数削減と作業品質の安定化を実現する「スプリング端子機器」シリーズに、操作表示用機器であるコマンドスイッチを追加した。

同社は2018年に、電線を差し込むだけで誰でもスピーディに均質の配線が可能となる「スプリング端子機器」として、「配線用遮断器・漏電遮断器」「サーキットプロテクター」「マニュアルモータスタータ」を発売。

従来のねじを使った配線の場合、ねじ締めの手間やねじのトルク管理などが必要だが、スプリング端子機器は、配線端子に電線を挿入するだけで配線が完了するため、従来のねじ配線に比べて、制御盤の配線工数を約30%削減できる。独自開発の「板ばね構造」で、従来のねじ端子と同等の強固な電線保持力を実現し、ねじ端子に比べて振動や長期使用によるゆるみがないため、定期点検の際のねじのゆるみ検査や増し締め作業も不要。

また、独自開発した安全機能「配線インジケータ」で配線完了の確認が行え、電線の挿入感覚だけでなく、視覚的に確認が可能。

今回、同シリーズに、φ22コマンドスイッチAR/DR22・AM/DM22、φ30コマンドスイッチAR/DR30、角コマンドスイッチAG/DG28を追加した。

コマンドスイッチ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG