日置電機 効率的に漏電探査、挟むだけの電流測定器

日置電機(長野県上田市)は、効率的な漏電探査と高精度な漏れ電流測定を実現する「ACリーククランプメータCM4002/CM4003」を発売した。

新製品は、ビルや工場の電気を止めることなく配線を挟むだけの操作で電流が測れる測定器。オプションのワイヤレスアダプタ「Z3210」を装着すると、スマートフォンやタブレットなどの端末とBluetooth無線通信が可能となる。また、同社の無償アプリケーションを使用して、端末に取り込んだ測定現場の写真や工事図面上に測定結果を記録することで、すばやく探査漏電箇所の特定が行える。

「イベント記録機能」は、検出したい漏洩電流値などのイベント条件を設定しておくと、イベント発生時には内部メモリーに記録されるため、データを回収して漏電の有無の確認ができ、記録データはPDFレポート出力も可能。

新設計のセンサは、高透磁率磁性材料の採用によって周辺環境からの磁界をブロックし、外部磁界の影響が従来機種と比べて50%低減。微小な漏れ電流を正確に検出できる。

リーククランプの国際規格「IEC61557-13」に準拠し、確度保証は0.060mA〜200.0Aのため、1台でさまざまな現場に対応が可能。

ACリーククランプメータCM4003

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG