経済産業省 工場立地調査、過去5年で最小

2020年11月11日

経済産業省は2020年1−6月期の「工場立地動向調査」を実施し、期間中に工場の建設目的で1000㎡以上の用地を取得した件数は347件(前年同期比38%減)、面積は440ha(40%減)となり、過去5年間で最小となった。

業種別では、食料品、金属製品、生産用機械製造、輸送用機械製造の上位4業種で前年の約半分となるなど、大幅に減少した。