OKI、PCB2社を統合、高付加価値シェア拡大

2020年10月28日

OKIは、グループ会社のプリント配線板(PCB)事業を行うOKIサーキットテクノロジー(山形県鶴岡市、OTC)と沖プリンテッドサーキット(新潟県上越市、OPC)を経営統合し、2021年4月1日に新会社を設立する。今回の統合では、OTCが存続会社としてOPCを吸収合併する。

OTCは、発熱部品対策を施した高放熱配線板や高屈曲性を有したフレックスリジッド配線板など、特殊な要求にも対応する高い技術力で、航空宇宙・通信基地局用途などにおけるPCB事業を展開している。OPCは、高多層積層や高精細穴あけの高い技術と多様なシミュレーション技術により、半導体検査装置・高速伝送装置などに用いられるPCBを生産している。

今回2社を統合することにより、それぞれの設計・製造技術だけでは難しかった高難度のPCBが実現できるとし、新会社は上流である設計段階からの一貫受注を拡大することで、高付加価値PCB市場におけるシェア拡大を目指すとしている。

OKIサーキットテクノロジー本社