シナノケンシ 人工衛星市場に参入、姿勢制御用部品を開発

ASPINA/シナノケンシは、小型人工衛星向けの姿勢制御に用いる基幹部品として「リアクションホイール」の開発に取り組み、民間による小型人工衛星市場へ参入する。2023年に実証実験を行い、27年に世界で新規に打ち上げられる小型人工衛星への採用数10%を目指す。

小型人工衛星市場は、通信サービスや、災害や自然環境、農業など地球観測での活用を見据えて地球の低軌道上に複数打ち上げる計画が立てられている。宇宙ベンチャーなど多くの民間企業が参入しているが、衛星の構成部品のコスト高が課題となっている。

そこで同社は、これまでのモーター関連技術を生かし、人工衛星の姿勢制御用部品であるリアクションホイールを開発し、低価格・短納期での提供を目指す。小型人工衛星では、カメラ撮影や地上のアンテナとの通信のため振動レスの安定した姿勢制御が必要とされ、リアクションホイールはそのためのコア部品となる。

この取り組みはNEDOの2020年度宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(ベンチャー企業等による宇宙用部品・コンポーネント開発助成)として、「小型衛星市場の拡大に向けた低コスト・短納期の国産リアクションホイール開発」のテーマで採択されている。

また開発にあたっては小型人工衛星メーカーであるアクセルスペースをパートナーとして協業し、宇宙向け製品特有の試験や打ち上げ実証実験を行っていく。

リアクションホイール試作品

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG