SUS 入出力制御装置 ネット接続も付加、手軽に製造ラインDX化

2020年9月30日

SUS(静岡市)は、入出力制御装置「SiOコントローラ」シリーズで、Ethernet接続機能とデータ活用支援ソフトウエアによって、簡単で安価に製造ラインのDX化ができる新モデル「SiO t」を9月18日から販売開始した。

SiOコントローラは、専門知識が不要の日本語選択式プログラミングで、スイッチや各種センサ等の入力機器の信号に応じて、出力機器のON/OFFをシンプルに行う制御装置。

新製品は、このSiOコントローラにEthernet接続機能を加え、独自開発のソフトウエア「IoT Programmer」(無償ダウンロード)でSiO tが受信したさまざまな信号を処理し、信号内容によって設定した動作を自動で行うことができる。

ワークが詰まった際の関係者へのメール配信や、日々の運転記録のログファイル出力、コンテナ通過のカウント表示、バーコードによる装置制御、PCからの装置制御など、多様なデータ活用が可能。遠隔操作・管理を行うことで、生産効率の向上と工場内のソーシャルディスタンス確保にも貢献する。

入出力点数は入力4点、出力2点、価格は1万2000円。サイズはW65×D36.5×H76ミリメートル。