川重など3社 ローカル5G実証実験、スマートファクトリー実現へ

2020年9月16日

川崎重工業、川崎重工グループのベニックソリューション(兵庫県明石市)、オプテージ(大阪市中央区)の3社は、自治体や企業が独自に構築できるローカル5Gの実証実験を行うため予備免許を取得した。

実験試験局の本免許取得の準備を進め、10月からスマートファクトリーの実現に向けた実証実験を、川崎重工播磨工場で開始する。

ローカル5Gは、高速大容量、超低遅延、多数同時接続といった3つの特長があり、これらの機能はニーズに合わせてカスタマイズでき、生産現場で効率的に利用することができる。

今回3社は、川崎重工播磨工場で運用中の遠隔操縦で熟練作業者の動きを再現する研削・バリ取り・表面仕上げ用ロボットシステム「Successor-G」において、高精細画像の無線伝送による操作性の検証などを行う。

今後ローカル5Gを積極的に工場内へ導入することで、将来的には無線による遠隔操作で各種作業が可能になるとし、さらにリモートワークを生産現場へも適用するリモートファクトリー化も推進していくとしている。

工場内の遠隔操作