三菱電機 光通信用デバイスのサンプル提供、5G高速大容量化

2020年9月16日

三菱電機は、5G基地局ネットワークの光ファイバー通信で使用する光通信用デバイスの新製品として「100Gbps EML CAN」のサンプルを、10月1日から提供開始する。

移動通信システムは世界各国で第4世代から第5世代への移行が進んでおり、伝送速度の高速化だけでなく大容量の光通信システムが必要とされ、構成部品である光トランシーバーにはさらなる高速動作と消費電力の低減が求められている。

新製品は、EML素子とパッケージの広帯域化、PAM4変調方式の採用により、EML素子を搭載したφ5.6ミリメートルの業界標準TO-56CANパッケージ製品として、伝送速度100Gbpsを実現。5Gの高速大容量化に貢献する。

また、熱電変換素子の小型化により、マイナス40℃〜プラス95℃の広い温度範囲の動作保証と、従来比約60%の消費電力低減が可能となる。

業界標準のTO-56CANパッケージの採用によって、従来製品と外形寸法の互換性もあり、光トランシーバーを構成する一芯双方向光モジュールの組み立てが容易となっている。

100Gbps EML CAN「ML770B64」