シュマルツ 3Dビジョンなど一式、ばら積みピッキング自動化 ワンパッケージで実現

2020年9月9日

シュマルツは、3Dビジョンシステムとコボットポンプをセットにし、バラ積みピッキングの自動化をワンパッケージで実現できるトータルソリューション「3D-R」を発売した。

ばら積みピッキングに必要とされる3Dビジョンシステム、真空式ロボットハンドと、セットアップやプログラム作成を支援するソフトウエアが一式そろい、真空搬送やロボットの取り扱い初心者でも比較的容易に自動化システムを構築できるというもの。

ビジョンシステムがワークを自動で認識・吸着点を自動算出するため、事前のワーク情報の設定やプログラムが不要。コンテナとロボットハンドとの衝突を回避し、安全な搬送を実現する。ユニバーサルロボットの協働ロボットURシリーズに対応。ロボットシステムインテグレーター等でも、プログラムやセットアップの工数を大幅に削減できる。特に日用品や段ボール箱のピッキング工程の自動化に最適となっている。

また同社では、導入前のビジョンシステムを使用したワーク認識テストおよびワークの吸着確認テストを無料で実施している。

3D-R