三菱重工工作機械 新マシニングセンタ、あらゆる加工OK

2020年9月9日

三菱重工工作機械は、9月1日から門形マシニングセンタ「MV-Bxシリーズ」の本格販売を開始した。

新製品は、テーブル幅1.1メートルの「MV12Bx」と同1.5メートルの「MV16Bx」の2機種で、現行機MVR-Exシリーズに新たなシリーズを加えることで、高精度な面品位を実現する加工から一般部品加工、軽切削から重切削まで幅広い加工に対応できる製品ラインアップの実現を図っている。

MV-Bxシリーズは、「立形マシニングセンタのテーブルには載らないサイズ(1.0〜1.5メートル)のワークや、横中ぐり盤では段取りが面倒で加工の効率が悪いワークを効率良く加工できる機械」として、フレーム・架台などの製缶物の加工から鋳物を用いた構造部品の重切削加工まで、「あらゆる産業のあらゆる加工」に対応することができる。

また、加工スペースを広く取りながら機械設置面積を減少させており、MV16Bxは現行機と比べて機械設置面積が約40%減少、テーブルサイズは最大1500×3260ミリメートルで、単位面積当たりの生産性が向上。汎用的な機能を多く取り入れているため取り扱いが容易で、MV16Bxはオプションで五面加工仕様も用意。

門形マシニングセンタ「MV-Bxシリーズ」