シャープ ローカル5Gルーター開発、高速大容量データ伝送OK

2020年8月26日

シャープは、ローカル5Gに対応するルーターの試作機を開発し、ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として9月以降に提供を開始する。

企業や自治体が自らの敷地や工場内など、特定のエリア限定で5Gネットワークを構築できるローカル5Gは、高速大容量、低遅延、多数同時接続など、5Gの特長を生かしながら独自のネットワークを構築できるため、さまざまな用途での活用が期待されている。

同試作機は、カメラやFA機器、各種センサなどを無線、または有線でローカル5Gのネットワークに接続することで、大容量データを高速で伝送することが可能。受信時最大約3Gbps/送信時最大約600Mbpsの高速データ通信を実現する。Wi-Fi6対応のほか、2.5GBASE-TのLANポートやUSB3.0を搭載。無線と有線の同時使用も可能なため、利用シーンや端末に応じた接続方法が選択できる。

また、ローカル5Gの周波数として制度化された周波数に加え、今後割り当てが検討されている周波数にも対応する。

ローカル5G対応ルーター