GII市場リポート 世界の産業制御・FA市場、27年まで順調に成長

2020年8月19日

スマート工場への転換も追い風

グローバルインフォメーションが取り扱うBizwit Research&Consultingの市場レポート「世界の産業制御とファクトリオートメーション市場規模調査(COVID-19の影響とともに):コンポーネント別、ソリューション別、業界別、および地域別予測(2020年〜27年)」によると、世界のFA市場は2019年に約1398億米ドルと評価され、20〜27年には8.6%を超える健全な成長率で成長すると予想している。

産業制御とFAシステムは、製造の運用コストを削減し、製造プロセスを標準化して品質を向上させる。ロボットは非常に効果的でエラーが少なく、工場の労働力、品質管理、監査を減らし、手直しのコストを最小限に抑えることで、人件費を節約する。

コロナウイルスのパンデミックにより従業員が自宅や組織で仕事をするように求められ、FAの使用をさらなる組織運営に適応させているため、世界的にFA市場は非常に需要が高まっている。さらに、技術の進歩、世界の製造業界でのロボットの採用の増加、関連企業の出現、製品の量産要件、および産業オートメーションの採用を促進するためにさまざまな国の政府によって行われているイニシアチブの増加により、従来の工場からスマート工場への転換が行われ、予測期間にわたる市場の成長を促進する要因となっている。

例えば、国際ロボット連盟のレポートでは、18年に産業用ロボットの設置数は世界で42万2271台増加し、22年までにさらに12%増加すると予想されている。しかし、FAシステムとソリューションへの重要な初期設備投資と再投資は成長を抑制する可能性があるとしている。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/