三菱電機 世界初のAI新技術、人⇔機器 自然な言葉で意思疎通

三菱電機は、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を用いて、車載機器やロボットなどがセンサで収集した情報をもとに周囲の状況を理解し、人と自然な言葉で意思疎通ができる世界初の「Scene-Aware Interaction(シーン・アウェア インタラクション)技術」を開発した。

同社は今回、同技術の適用に向けたアプリケーションの一つとして、人と車載機器が周囲の物体や出来事について直感的にわかりやすい言葉で共有できる経路案内システムを構築。例えば、「50メートル先を右に曲がってください」というこれまでの画一的な経路案内を、カメラ画像を用いて「郵便ポストの手前で右に曲がってください」というような実際の状況に即した案内が可能になる。

同技術は、入出力のサンプルだけで学習できるEnd-to-End深層学習を採用しており、カメラやマイクによる画像情報や音響情報、ライダーやレーダーで取得した位置情報などのマルチモーダルセンシング情報から、周囲の状況を機器が理解し、重要度の高い情報に自動で重み付けを実施。機器が理解した内容に対し、自然な言葉で表現する学習モデルを構築し、人と機器との円滑な意思疎通を実現する。

今後は、人と言葉で意思疎通ができる車載機器や、人の音声指示で動作するFA機器、共同作業者や遠隔地の監督者と口頭で意思疎通ができるロボット、また、生活管理や緊急対応ができる見守りサービスなどへの適用を目指すとしている。

経路案内のイメージ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG