SLジャパン、.NET ベースの 64 bit 版 SL-GMS、日新電機の水処理向け監視制御システム開発に採用

2020年8月3日

リアルタイム監視制御システムのダイナミック GUI とエディタ技術が強みのSL ジャパン(東京都港区、米国 SL 社の日本法人)は、Microsoft .NET ベースの 64 bit 版 SL-GMS が、豊かな社会・産業基盤を支える製品・サービスを国内外グローバルに提供している日新電機の新しい水処理向け監視制御システム「AQUAMATE-8000」シリーズの開発で採用されていることを発表した。

AQUAMATE-8000 は、日新電機が多様化する上下水道施設の運営で柔軟に対応し、今後増大化する設備更新予算の平準化や技術者不足解消を支援するため、監視制御機能をさらに拡張するとともに維持管理機能を搭載した、Web/リモート対応の新シリーズ。

その監視制御を担うグラフィックな操作画面は、SL-GMS Developer for .NET で開発して組込まれている。SL-GMS が提供する高度な動的 GUI 機能および技法を活用した、系統図や計装パネルなどの多種多様なグラフィック操作画面が、わかりやすく効率的な運転を実現する。

さらに、SL-GMS Custom Editor for .NET を使って、AQUAMATE-8000 システム専用のカスタムエディタが開発されており、出荷ごとの画面設計、製造、テストそれぞれの工程に適用されている。

コンテンツリッチで高対話性ながらもコンパクトで高速な SL-GMS は、透過的な Web/リモート運用にも高度な制御システム (DCS) のダイナミック GUI をシステム専用のカスタムエディタとともに迅速に開発できるツールで、案件ごとの画面開発ならびに画面更新の保守を最小化し、コスト削減を実現する。

 

■水処理向け監視制御システム「AQUAMATEシリーズ」について

出典:SLジャパン「.NET ベースの 64 bit 版 SL-GMS が、日新電機の新しい水処理向け監視制御システム『AQUAMATE-8000』シリーズの開発で採用」