アズビル 手書き作業をデジタル化、作業記録サービス 正式版販売

2020年7月29日

アズビルは、スマートフォンやタブレット端末向けのWEBアプリが、パソコンで簡単に構築できる「現場でつくる作業記録サービス」正式版の販売を7月1日から開始した(プレビュー版は5月から提供開始済み)。

同サービスは、パソコン上でのドラッグ&ドロップといった簡単な操作で必要なツールを選択し、作業記録アプリの操作画面を構築、検査・点検記録をデジタル化できるもの。これまで手書きで行っていた製造時の工程内検査や、ラインの巡回点検、装置の修理記録、各種日報の申し送りなど、さまざまな業務のデジタル化が行え、手書きではできなかったQRコードからのデータ取得や、画像による記録なども可能となる。

CSV形式でデータ出力が行えるため、ExcelやB1ツールなどに取り込み、品質管理や稼働管理などの分析や改善に活用することもできる。

また、従来は対面で行っていた報告業務をデジタル化することにより、人との接触の機会を減らし、感染症予防対策も行うことが可能。利用はサブスクリプション形式(月額課金)で、クラウドサービスのためサーバや構築費などは不要。

パソコンでのアプリケーション定義画面