オープンシグナル ネットワーク調査、5G導入国 早くも効果

2020年7月8日

ダウンロード速度高い韓国

Opensignal(ロンドン)は、世界100カ国でモバイルネットワークにおける動画やゲーム、音声、ダウンロード・アップロード、遅延、可用性、4Gカバレッジのエクスペリエンスの調査を行い、その結果を発表した。

日本は4G接続率98.5%と世界で最も高く、20年第1四半期では平均ダウンロード速度は49.3Mbpsで100カ国中4位で、昨年から16.3Mbps改善した。ビデオエクスペリエンスでは、ユーザーが高く評価している15カ国に含まれ、スコアは77.6ポイントで増加傾向にある。

モバイルエクスペリエンスは100カ国中6位で、アジア太平洋地域ではシンガポールに次ぐ2位。ダウンロード速度は日本とカナダが速く、ほかのG7諸国はこの2国に比べて40%遅い結果となった。

また5Gを導入した20カ国について、ダウンロード速度は韓国が59Mbpsと高く、クウェートが16.6Mbpsと大きな差がある。5Gユーザーで高速体感できるのは一部になるが、全体としては5G導入でパフォーマンスは上がっており、導入国は6.4Mbps増加しているのに対し、非導入国では1.9Mbpsの増加にとどまっている。

このほかトピックスとして、カナダと韓国がダウンロード速度でトップ入り。ダウンロードエクスペリエンスを加速させるためには5G適応が必要となる。カナダと日本は、G7諸国に先んじてさらに加速。素晴らしいビデオエクスペリエンスの国は15カ国まで拡大。ダウンロード速度とビデオエクスペリエンスの相関関係がない。4Gの接続率が95%を超える国は、3カ国から6カ国へと倍増などがある。