サプライチェーンイノベーション大賞、PALTAC、薬王堂、ユニ・チャーム受賞

キャリー活用、作業時間60%減

経済産業省は、国内におけるサプライチェーン全体の最適化に向け、製造メーカー(製)・卸売業(配)・小売業(販)各層の協力のもと、優れた取り組みを行った企業を表彰する「サプライチェーン イノベーション大賞」について、2020年の受賞者を発表した。

サプライチェーンイノベーション大賞は、PALTACと薬王堂、ユニ・チャームの3社連名で選ばれ、優秀賞はサントリー食品インターナショナル、加藤産業、セブン-イレブン・ジャパンが選出された。

卸売りとなるPALTACと小売りの薬王堂、製造メーカーのユニ・チャームの取り組みは、トラック事業者も含めた製造・配送・販売が連携した「業界初、キャリーを活用した一貫ユニットロード化改善事例」。荷物の積み込み・積み下ろし業務負荷の高さに対し、メーカーの出荷段階から小売店に届くまで一つのキャリーの使用に統合し、積替えの手間をなくしたことに加え、軽量・小型・小分けが可能になり、さらに車輪付きキャリーで移動時の作業負荷も減らした。結果として、作業時間が450分から175分に削減でき、60%削減を実現した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG