シーメンス 亀山電機内にショールーム、産業用デジタル化など体験

2020年6月24日

シーメンスは、制御装置やソフトウエアの製造販売の亀山電機(長崎市)内に、産業用デジタル化とオートメーションソリューションを体験できるショールームを6月から開設した。

ショールームには、シーメンスの産業用オートメーションプラットフォームとして全ての制御コンポの効果的な相互運用性を実現する「TIAポータル」、プロセス制御システム「Simatic PCS7」、プラントエンジニアリングソフトウエア「Comos」、シミュレーションソフトウエア「Simit」などの製品や、予知・予防保全、リモートメンテナンスなどの幅広いソリューションの紹介とデモ機を展示。
 
また、電気CADとオートメーションエンジニアリングを連携したシーメンスと親和性の高い独・EPLAN Software&Serviceの総合電気設計電気CAD「EPLAN Electric P8」も展示中。