村田×帝人 抗菌圧電繊維を開発、合弁会社も設立

2020年6月24日

村田製作所と帝人フロンティア(大阪市北区)は、世界初の力が加わることで電気エネルギーを生み出し抗菌性能を発揮する圧電繊維「PIECLEX(ピエクレックス)」を共同開発した。
 
PIECLEXは、村田製作所の圧電技術と、帝人フロンティアの繊維技術を組み合わせ、人が動く力などを電気エネルギーに変換し、抗菌性能を発揮するという新たなエネルギー活用技術。
 
PIECLEXの原料は植物由来のポリ乳酸で、薬剤や有機溶剤を使用しないことから地球環境保護にも貢献する。
 
2020年度から生産・販売を開始し、スポーツウェアやインナーウエアなどの衣料製品をはじめ、フィルタや衛生材などの産業資材用途まで幅広く展開。25年度には売上高100億円を目指す。
 
また、この繊維の研究・開発および製造・販売を目的に、両社の合弁会社、ピエクレックス(滋賀県野洲市)を設立した。