安川電機 高圧用パワコン国内発売、トータルコスト低減

安川電機は、産業用高圧、および発電事業者用特別高圧案件向けの分散型太陽光発電用パワーコンディショナ「XGI1500(150kW)」を、2020年1月に米国市場に投入したのに続き、6月15日から日本市場でも販売開始した。価格はオープン。

 
新製品は、太陽光発電システムのトータルコストを低減するため、1500Vまで高電圧化することで損失を低減するとともに、パワーコンディショナの台数や交流集電箱、配線などの周辺部材費用の低減が可能になる。
 
また、運転・保守の費用を低減へ、LCDレス、電解コンデンサレス、ヒューズレス設計で部品点数を削減するとともに、Wi-Fiを内蔵し、スマートデバイス(アプリ不要)からパワーコンディショナとの通信や一括設定、簡易モニタリングが手元で可能で、初期設定や試運転調整、運転および保守の効率化に貢献。さらに、ねじ端子台採用により、テスター等の操作性も優れている。
 
そのほか、製品は標準で5年間の無償保証、広範、良質なサービスネットワーク「YASKAWAコンタクトセンタ」での24時間受付、日本全域サービスネットワークサポートが可能、などの特徴を有する。

XGI1500 150kW

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG