GII 市場リポート 倉庫オートメーション展望、23年 460億ドル規模に

自動倉庫の設置増加でサービス・保守伸長

グローバルインフォメーションが取り扱うInteract Analysisの市場レポート「倉庫オートメーション市場の展望:2019年」によると、世界の倉庫オートメーションの市場は予測期間中12.6%のCAGRで推移し、2023年には460億ドルの規模に成長すると予測されている。

APACが市場をリードして業界平均を上回る13.7%のCAGRで成長するが、20年から21年は短期的に低下するだろうとしている。

トレンドとしては、アマゾンやアリババ、JD.comなどが自動倉庫設備に投資しているため、一般商品領域は業界最大の業種として13.4%のCAGRで伸びていく。自動倉庫の設置件数が増加するにしたがいサービスと保守契約が伸び、17.2%のCAGRという急成長が見込まれている。

また倉庫ロボットはCAGR98.7%の高成長を遂げ、マシンビジョンやグリッパー、ナビゲーション技術が大幅に進化し、アパレアマゾンやアリババ、JD.comなどが自動倉庫設備に投資しているため、一般商品領域は業界最大の業種として13.4%のCAGRで伸びていく。

アメリカでは食料品の購入のオンライン需要が伸び、自動化されたマイクロフルフィルメント技術へのシフトが進んでいる。世界のマイクロフルフィルメント市場は、2023年までに11億ドルを超えると予測している。

またインドも物品サービス税の導入とオンライン小売の需要の高まりにより、倉庫オートメーションは14.9%のCAGRで成長すると予測されている。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG