図研プリサイト 設計部門向け「デザインボム」3D CADで原価の比較見積

2020年5月20日

図研プリサイト(横浜市都筑区)は11日、製造業の設計部門を対象とした原価見積パッケージシステム「Design BOM(デザインボム)」の販売を開始した。

同製品は、3D CADデータを使って製品原価の見積計算が行える原価見積システム。部品原価の集計はもちろん、3D情報の活用によって手間なく、高精度な原価の比較見積を実現でき、使い続けるほど設計段階で正確な原価見積が行えるようになる。

3D CADで作成したアセンブリ構成から変換したXVLを取り込むだけで原価見積の土台となる計算シートを作成し、各部品に原価見積値を入力するだけで原価見積計算を開始できる。原価見積の計算結果は、XLS形式で製品マスタに関連付けて保存でき、デザインレビューや出図など設計フェーズごとの計算結果を保存しておくことで製品原価の推移、目標原価の到達状況のグラフをXLS形式で出力できる。

また3D形状をキーとした「類似部品検索」機能によって、新規部品の形状から製造・調達実績のある類似部品を検索できる。類似部品の原価を見積値として採用することで比較見積の標準化と精度向上を実現する。

価格は月額20万円の定額制となっている。