横河電機 組み込みエッジコンピューティングプラットフォーム「e-RT3 Plus」

2020年4月15日

AI言語モジュールを追加

横河電機は、製造業でのAIなどの解析ツールを活用することで工場内の問題発生防止や生産性向上につなげる取り組みとして、同社が提唱している「OpreX Control Devices」として各種装置に組み込んで制御を行うコントローラ「e-RT3 Plus」に、機械学習をはじめとするAIの開発現場で広く利用されているプログラミング言語「Python」に対応するCPUモジュールを発売した。

AIを活用した予兆診断の機能を実装する際などに、Pythonの豊富なソフトウエアライブラリを活用することが可能になり、開発期間の大幅な短縮に貢献する。 

また、優れた耐環境性能をもち、従来のIOモジュールにも容易に接続できるため、開発から実装、運用までを1台で完結することが可能。このAI内蔵のCPUモジュールは、AI活用に適したエッジコンピューティングプラットフォームとしてさまざまな産業におけるAIの導入を支援できる。さらに、e-RT3Plusは、汎用OS Linux Ubuntuに対応しており、より自由度の高い運用を可能。

なお、AI関連機能を搭載した「SMARTDAC+」のペーパレスレコーダやデータロギングソフトウエアも完備。

https://www.yokogawa.co.jp/