日立産機システム Bluetoothに対応、新小型空気圧縮機35機種登場

2020年4月15日

日立産機システムは、Bluetooth通信・アプリに対応した新型パッケージベビコン(小型空気圧縮機)1.5kWから15kWまでの計35機種を4月13日に販売開始した。

小型の空気圧縮機は、小規模の製造工場や食品工場、自動車の修理工場、歯科医院などで使用され、多様な使われ方からメンテナンスが行き届かないことがあり、空気圧縮機が停止した場合は生産や作業が停止してしまうという課題があった。

新製品は、スマートデバイスにダウンロード可能な無料アプリを通じて、遠隔でも運転状況をモニタリングすることができる。Bluetooth接続で、最大4台までの一括管理が可能。わかりやすい表示とガイダンスで確認でき、潤滑油やフィルタの交換時期には、該当の部品番号・数量などを表示し、適切なメンテナンスが可能となる。不具合が生じた際には対処方法を表示し、販売元のサービス対応が必要な場合には、あらかじめ登録したメンテナンス会社や販売会社への連絡もサポートする。

また、サビの原因となるドレンを自動で排出するオートドレントラップを標準搭載しており、安定した稼働を実現。

吐出される圧縮空気に油を含まないオイルフリー式や、圧縮空気を除湿・乾燥させるドライヤー付き、省エネ効果の高いインバータ機など35機種の豊富なラインアップを用意。

Bluetooth対応のパッケージベビコン