日本モレックス 新型ケーブルアセンブリ、プロトタイプ作製やグローバル生産対応

2020年2月12日

日本モレックスは、プロトタイプ作製やグローバル生産に対応する「オフ・ザ・シェルフ(OTS)Mini-Fit Sr.ディスクリートワイヤーケーブルアセンブリ」を発表した。

新製品は、同社のさまざまなコネクターと併用できるディスクリートケーブルアセンブリで、標準品として在庫販売を行うため、開発プログラムと製造プログラムの両方で利用ができる。

10ミリメートルピッチ、AWG8のワイヤーゲージの単列レセプタクル型で、回路は2、3、4極、ケーブル長は150、300、1000ミリメートルを展開。デュアルビーム端子設計のため、優れた接触信頼性を有し、高電流(46.0~50.0A)の絶縁コンタクトによって、ハイパワーサーバーや通信、産業機器の用件に適している。

また、分極ハウジング設計で誤嵌合を防ぐことができ、ターミナル位置固定機構により端末のバックアウトを防止する。

OTS Mini Fit Sr. ディスクリートワイヤーケーブルアセンブリ