ジック ロボットセーフティソリューション

2019年12月18日

要件に合わせカスタマイズ

世界を代表するセンサの大手メーカー、独・ジックは、ロボットの完全セーフティソリューション実現に取り組んでいる。機械製造者から運営者まで要件に合わせてカスタマイズしたお客様のプロジェクトを、コンセプトから検収までを素早く効率的に実現できる。

ロボットビジョン、Safe Robotics、アームエンドツーリング、位置フィードバックの各要素で、人と機械が手を取り合って作業できる環境をつくりだしている。

中でも、ロボットビジョンでは、ロボットの視野を拡大したカメラベースのソリューションで事前に定義された対象物の位置を特定して識別し、各パーツをどのように把持するかを自ら決定。しかも、測定と品質検査も可能。

また、Safe Roboticsでは、インテリジェントで信頼性の高いセンサとセーフティシステムによる環境への適応認識を通して、安全にロボットシステムと協調できるようになり、生産におけるダウンタイムの低減も実現している。さらに、アームエンドツーリングでは、グリッパアームの感度を材料、表面、形状など対象物特性に合わせ、光源と検出機能をカスタマイズして、事前設定することが可能。

(紙上参加)

https://www.sick.com/jp/ja/