ロックウェル サーボドライブ、一体設計で低コスト実現 複数の制御モードも装備

ロックウェルオートメーションジャパン(東京都中央区)は、サーボドライブシステム「Kinetix 5100」と、モータおよびケーブル「Kinetix TLP」の販売を開始した。

Kinetix 5100は、コスト効率の高いサーボコントロールを必要としている中小規模のパッケージングマシンに最適で、ドライバー、モータ、ケーブルをシステムとして一体化にすることで、価格競争力も高くなっている。

また、より広範囲の高速、低電力のモーション・コントロール・アプリケーションをサポートできる複数の制御モードを装備しており、ドライブは同社のMicro800コントローラやLogixコントローラの利用や、ドライブ単体での利用も可能。

さらに、EtherNet/IPネットワーク上でHMI、コントローラ、I/O、モーションを含む制御ソリューション全体を統合することで立ち上げ、構成、スタートアップをシンプルにでき、コスト効率も良い。

しかも、また、安全トルクオフ(非制御停止)が組み込まれているため、機械全体の電源を落とすことなくモータトルクをオフにすることができ、安全が確認された後、機械を速やかに再起動することが可能。

そのほか、デュアルポートのEtherNet/IPも、デバイスレベルのリング型トポロジーをサポートしている。

サーボドライブシステム「Kinetix 5100」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG