サンワテクノス 全国4カ所でセミナー、総勢300人が参加

サンワテクノスは、同社の取引先を対象に毎年開催している技術セミナー「サンワテクニカルセミナー’21」を、名古屋・福岡・大阪・東京の4会場で開催し、合わせて320人が参加した。

このセミナーは、同社の仕入先メーカーの最新技術を紹介し、業界・業種を超えた交流の場を提供するのが目的。

今年は「結(つながる)~人・モノ・コト・仮想と現実・・その先へ」をテーマに、安川電機とNTTドコモの2社が講演した。

11月28日の東京会場では、安川電機の加藤卓i3メカトロニクス営業部長が「ソリューションファクトリーとi3メカトロニクスの紹介」、NTTドコモ5G・IoTソリューション推進室山田雄亮氏が「5Gのリアルとデジタル革命~これだけはおさえておきたい製造業の5G活用」と題して行った。

セミナーの冒頭あいさつに立ったサンワテクノス田中裕之社長は「当社もおかげさまで今年11月に創業70周年を迎えることができた。このセミナーは21世紀の最新技術を紹介し、理解を深めていただくのが目的で31回目になる。今後の皆さんの仕事に少しでも役立てば幸いである」と述べた。

話題のテーマで盛り上がったセミナー(東京会場)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG