アズビル JCSS校正事業者 真空・微小液体流量・周波数、新たに3種認定

2019年12月4日

アズビルは、JCSS(校正事業者登録制度)に登録されている同社の技術標準部計測標準グループが、圧力(真空計)、流量・流速(微小用流量計)、時間・周波数および回転速度(周波数標準器、周波数発生器、周波数測定器)の3種類について、新たに登録・認定された。

JCSSは、製品評価技術基盤機構 認定センターの審査によって「品質システムの保有」「技術的能力の保有」「校正施設・機器の保有」等の要件を含む国際規格ISO/IEC17025に適合する事業者を、JCSS校正事業者として登録する制度。

同社が新たにMRA(多国間の相互承認)対応で登録・認定されたのは、次の区分の計量器による計測範囲となる。

圧力(真空計10Pa以上133.32kPa以下)、流量・流速(微小用流量計1g/min以上30g/min以下)、時間・周波数および回転速度(周波数標準器・周波数発生器・周波数測定器1MHz、5MHz、10MHz)。

サファイア隔膜真空計 形 SPG5/6/7