向殿安全賞 2企業と1G、5個人受賞、安全の進歩向上に貢献

機械安全への貢献者を表彰する「第5回向殿安全賞」(主管=セーフティグローバル推進機構、IGSAP)の受賞者として2団体、1グループと5人が発表され、11月29日に表彰式が行われた。

今回の受賞は、団体(企業)の部「功績賞」が、ファナックの「ロボット安全及び協調安全に関する国際標準化支援への貢献」とクボタの「安全最優先の文化醸成と共存環境の安全への取り組みに貢献」が、また、グループの部「奨励賞」には、日立プラントメカニクス NEXT11チームの「天井クレーンの安全運転支援システムの開発に貢献」が選ばれた。

一方、個人の部の「特別功労賞」として、ハンス・ホルスト・コンソルスキーISSA(国際社会保障協会)事務総長が「労働安全衛生分野・社会保障分野における世界的な予防文化構築に要る貢献」、「功労賞」としてプロフェッサー・ジェラルド・アイ.ジェイ.エム.ズェットスロートアイルランド国立大学コーク校労働安全衛生大学院コース試験官が「世界的な労働安全衛生分野における研究・教育・啓発による貢献」、「国際貢献賞」としてケリー・マクマナマーIECEx議長/IECEE及びIECRE事務局長兼COOが「IECEE要員能力認証制度への貢献」、「功績賞」として中村美徳佐野市民病院ほか、日本心療内科学会登録医が「産業医として産業現場の安全衛生化推進に貢献」、「奨励賞」として大賀公二有人宇宙システム安全開発保証部部長が「システム安全を核としたセーフティアソシエツ協議会活動の推進及び社会展開への貢献」でそれぞれ選ばれた。

向殿安全賞表彰者

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG