川崎重工業とオプティム AI・IoTで提携、精密機械やロボットに活用

2019年11月13日

川崎重工業とオプティム(東京都港区)は、ロボット分野のAI・IoT活用で業務提携を行う。

両社は、精密機械やロボットをネットワークに接続し、得た情報をAIが解析するプラットフォームを構築することで、精密機械やロボット分野におけるAI・IoT技術を生かした、新しいビジネスソリューションの早期開発・事業化と、グローバル展開を目指す。

川崎重工は、50年以上に渡る豊富な知見やグローバルなサービスネットワークを有しており、オプティムはAI・IoTプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」などのAI・IoTサービスや技術、実用化ノウハウを持っている。

今後オプティムは、川崎重工の精密機械・ロボットカンパニーの製品向けにオープンプラットフォーム型のAI開発のベースを提供し、オープンプラットフォーム上の個別のAI開発案件にも関わっていくとしている。