アズビル「azbilみつばち倶楽部」福祉団体などへ670万円支援

アズビルをはじめとするazbilグループの有志社員・役員が、自主的に社会貢献を行う任意団体「azbilみつばち倶楽部」は、2019年度、総額670万円の支援を社会福祉団体などへ行うことを決定した。順次支援を開始していく。

同倶楽部は、会員が毎月1口100円から任意の口数を給与天引きで拠出したものを支援原資としており、会員は支援したい団体を推薦し、投票によって支援先を決定している。

今回の支援先は、社会福祉(27団体)、教育・生涯学習関連(6団体)、環境関連(2団体)、被災地支援(2団体)、スポーツ(3団体)、文化・芸術(2団体)、史跡・伝統文化保全関連(1団体)の計43件となる。

支援総額670万円の内、同倶楽部から420万円、アズビルからマッチングギフト(会員自らが活動に参加している支援先に、アズビルからも同倶楽部と同額の支援金を提供)として250万円を提供する。

また、今年で支援開始から10年目の節目を迎えることから、新たな取り組みとして同倶楽部の主旨に賛同する外部団体から寄付を募る予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG