Littelfuseジャパン 実装面積50%削減、デュアルチャネルPPTC

2019年11月6日

Littelfuse(リテルヒューズ)ジャパン(東京都港区)は、250V電気通信PPTC「TSM250-130シリーズ」を、11月上旬に発売する。

新製品は、通信機器やネットワーク機器の信頼性向上を目的に設計されており、国際電気通信連合やTelcordia GR-1089、製品安全規格IEC62368-1で規定されているパワークロスや電力サージから保護が可能。

1つの表面実装フットプリントのプラスチックハウジングに、2つの250V電気通信PPTCを組み込んでいるため、従来品と比べて基板面積が50%削減。組み立て工程が容易になり、チップとリングの優れた抵抗バランスを実現している。RoHS適合。