スマートスケープ、3Dソリューション領域でNECと協業強化

製造業向けにSI事業を展開するスマートスケープ(東京都港区)は、NECと製造業向け3Dソリューション領域における協業を強化する。

同社は、NECのPLMソリューション「Obbligato」に、さまざまな3Dソリューションを連携させ、部品表のビジュアル化や類似部品の比較や分析などを可能にするとしている。

連携するソリューションは、ネイティブ3D CADを1つのHTMLファイルにまとめ、NECのPLMソリューションと連携して対象のパーツなどを選択すると瞬時に3Dデータを表示する「3DCADビューワ SmartExchange」、3D CADファイルから2D画像を抽出してAIで形状特徴量をインデックステーブル化し、これをもとに検索する「3D類似形状検索システム SS4M」、より詳細な類似部品の比較や分析が可能になる「高性能3DCADビューワ 3DViewStation WebViewer」の3種類。

これらの3DソリューションとNECのPLMソリューションを組み合わせることで、CADソフト不要でモデルが確認できたり、過去に加工した類似形状部品を素早く見つけ、工程設計情報を流用したり、以前の加工コストを参照して見積もりや購買業務を効率的に行うことが可能になる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG