日本イーエスアイ、11月27・28日 ユーザー会をヒルトン東京で開催

日本イーエスアイ(東京都新宿区)は、ESIユーザー会「30th PUCA-ESI Users’ Forum Japan 2019-」を、11月27日 (水)、28日 (木) にヒルトン東京で開催する。

同カンファレンスは、ESIプロダクトを使用している企業各社のユーザー事例発表を中心に情報交換の場として実施されており、1991年の第1回目から今回で30回目を迎える。例年、自動車・航空宇宙・エネルギー・重工・電子/電機・船舶など、幅広い産業から400人近くが来場している。

記念すべき第30回目は、基調講演に本田技術研究所、三菱自動車工業が登壇し、現在および今後のクルマづくりにおける取り組みについて発表予定。ESIグループによる基調講演では、「ゼロ試作」への挑戦を支援するESIのデジタルトランスフォーメーション、およびその鍵となる新たなチャレンジである「PPL」について、具体的なビジョンや最新情報を紹介する予定。

 

基調講演に続く初日午後から28日にかけての本会議では、”Engineering” ”Manufacturing” ” Innovation & Discovery”としたESI Groupの3つのビジネスピラーを軸に、衝突安全、乗り心地、音響・振動、複合材成形、プレス成形、鋳造、溶接、VR等さまざまな分野のユーザー講演を予定している。

トヨタ自動車による「VR 技術(IC.IDO)を活用した『もっといいクルマ作り』への取り組み 」、コニカミノルタによる「複合機 製品開発へのVR活用」、旭化成による「製織シミュレーションによる織物特性予測技術の紹介 -コンパクトエアバッグ開発への応用-」など、計60セッションを予定。

また、ESIからはICT(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)とHPC (ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)技術を融合し、「Digital Transformation」をテーマに、コスト削減・短納期化・軽量化など、多くの課題を抱えるユーザーへ、さらなる試作レス・効率化を支援する最新情報を発信する。

 

■PUCA 2019-ESI Users’ Forum Japan-プログラム詳細

 

開催概要

日時:11月27日(水)9:50〜17:15 (懇親会 18:15〜20:15)
    ※17:15〜18:15はカクテルパーティを予定
   11月28日(木)10:00〜17:15
会場:ヒルトン東京 (東京都新宿区西新宿6-6-2、TEL=03-3344-5111)
    <アクセス> https://www.hiltontokyo.jp/access/
費用:ユーザー 無料
   一般 5万円(懇親会会費、プロシーディング費含む)
申込方法: 参加登録はコチラ

 

出典:30th PUCA - ESI Users’ Forum Japan 2019 –

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG