エッジクロスフォーラム、155社約300人が参加

Edgecrossコンソーシアムは「Edgecrossフォーラムとデモ展示」を、東京・芝浦のグランパークカンファレンスで10月8日開催し、155社約300人が参加した。

同コンソーシアムは2017年11月に、企業・産業の枠を超えてエッジコンピューティング領域を軸とした新たな付加価値創出を目指して51社の会員で発足した。現在は290社を超え、約6倍に増えている。この間、会員を対象としたセミナーを開催してきたが、会員以外も集めたフォーラムは今回が初めての開催。

フォーラムの冒頭あいさつに立った金子理事(NEC)は「ソサエティ5.0、コネクテッドインダストリーへの取り組みが進められる中で、製造業を支えるエッジクロスへの関心が高くなっており、すでにエッジクロス基本ライセンスソフトの販売は2200本を超えている。今後も製品、ソリューション事例を増やし、IoT化に貢献していきたい」と述べた。

フォーラムは、経団連吉村隆産業技術本部長の基調講演、同コンソーシアム徳永雅樹事務局長の活動報告の後、エッジクロス活用事例がロッテ浦和工場の杉本氏から紹介された。

その後、8社の会員企業から取り組み報告が行われ、また会場別室でのデモ展示には10社が参加した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG