オムロン FA用制御盤内機器 デザインを統一、省工数・省スペース実現

2019年10月16日

オムロンは、商品仕様を共通デザインに統一したFA用制御盤内機器の第6弾を、10月1日に世界一斉に発売した。今回発売したのは、低圧開閉器、DC電子式サーキットプロテクタ、プッシュインPlus端子台ソケットから計6カテゴリー237形式となる。

低圧開閉器は、統一デザインのプッシュインPlus端子台低圧開閉機器「形J7KC、J7TC、J7MC、J7KCA、J7KCR」シリーズを追加。2.2kWまでのコンベアやポンプなどのモーターアプリケーションに適用でき、より線も使用可能。モーターアプリケーションまで統一デザインの商品でカバーできることで、設計工数やメンテナンス工数の削減、省スペース化などを実現する。

DC電子式サーキットプロテクタは、DC24V負荷の分岐と分岐系統ごとに確実な保護を可能とする「形S8V-CP」シリーズをリリース。誤差の少ない遮断、定格電流値は2A~10Aの範囲で変更可能なため、急な設計変更にも対応する。

プッシュインPlus端子台ソケット形「PTF-□□-PU」シリーズは、配線工数とメンテナンス工数の削減はもちろん、コモン配線、渡り配線を実現するダブルワイヤ方式の採用でねじ端子台タイプを上回る使い勝手となっている。