アドバンテック、生産と物流を統合 アドバンテックジャパンサービスセンター直方をオープン

2019年10月8日

アドバンテックは、生産と物流を統合したアドバンテックジャパンサービスセンター直方(福岡県直方市)を10月1日にオープンした。

同社は2019年2月、福岡県直方市に位置するオムロン直方の株式取得を完了し、「アドバンテックテクノロジーズ株式会社」(福岡県直方市)としてグループ会社化している。

今回、アドバンテックテクノロジーズ敷地内にアドバンテックジャパンサービスセンター直方を立ち上げ、同センター内にてこれまでに培ってきたオムロン直方の品質を引き継ぎ、新たにアドバンテックブランドの産業用コンピュータを、顧客ごとに異なるコンフィギュレーションのカスタム製造(Configured To Order Service〔CTOS〕)にて国内で組立て製造を行っていく。

 

この新CTOSの生産工場では、産業用グレードの小型のエッジPC、デスクトップPC、パネルPC、ラックマウントPC、サーバ等を組立製造する。さらにAIやコンピューティング処理のアクセラレーションに必要とされるGPUカードや、FA/産業用途のアプリケーションで必要となるカメラ入力用のフレームグラバーカード、IoT時代に求められるセンサー入出力カードを顧客ニーズに合わせて選定、装着可能なため、産業用コンピュータを越えたAI/IoT時代に求められる真の顧客独自仕様のコントローラシステムが製造可能となる。

また、この新CTOSの生産工場に併せ、物流倉庫も同工場内に統合し、アドバンテックグループ世界25カ国にあるうちの日本における生産および物流拠点として稼働する。これにより、グローバルブランドであるアドバンテックの世界基準の技術を、メイドインジャパンのきめ細やかな品質で提供。物流機能も併せ持つことによって、日本の顧客ニーズや要望に迅速に答え、対応することが可能になるとしている。

 

アドバンテックジャパンサービスセンター直方の強み

  • グローバルスタンダードの製品設計・開発・調達と、メイドインジャパンの生産体制
  • セル生産による少量多品種対応、日本人による日本クオリティで顧客要望にきめ細かく対応
  • グローバルスタンダードの製品設計・開発だからーつのモデルで国内以外に海外での採用可能
  • グローバルサプライチェーン及びフォーキャストシステムにより最適な納期対応とトレーサビリティシステムによる品質管理
  • 最新の産業用クラスの力スタムPC、およびお客様専用の産業用コントローラを製造可能
  • 産業用グレードのAI用エッジPCからトレーニングサーバまで取り揃え、NVIDIA社GPUカードを実装した真の産業用グレードのGPUコンピユータを製造

 

出典:アドバンテック「生産及び物流を統合 アドバンテックジャパンサービスセンター直方をオープン」