IDEC 盤面からデータ転送、外部機器との接続可能な中継ポート2種

IDECは、φ22フラッシュシルエットスイッチCWシリーズの新製品として、各種データ転送や外部機器・ネットワークとの接続が可能となる中継ポート2種類を、10月1日からグローバルで発売した。

CWシリーズは、薄型でスタイリッシュなパネル面のデザイン性の向上に加え、凹凸が少ないため不意の誤作動による事故の軽減や、ゴミやホコリの付着を抑えることが可能。

新製品は、USB2.0タイプとRJ45タイプの2種類をラインアップしており、用途に合わせて選択ができる。

 

RJ45タイプは、LANケーブルなどを用いて外部ネットワークとの接続手段として使用でき、USB2.0タイプは、各種産業機器の加工・生産データなどのデータ転送と、セキュリティ強化の手段としても使用が可能。

ケーブルが一体型のためユニット1つで機能が完結し、ケーブル脱落を防ぐこともできる。また、防水・防塵構造の実現に、アクセサリとしてIP65/67のゴムキャップと透明プラスチックカバーを用意。過酷な状況下の使用にも対応する。

標準価格は2800円から。販売目標は3年で3万個。

 

■「Φ22 フラッシュシルエットスイッチ CWシリーズ USB/RJ45中継ポート」カタログダウンロードはコチラ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG