神戸製鋼、神鋼ファブテックを20年4月吸収合併

2019年10月2日

神戸製鋼所は、2020年4月1日付けで完全子会社の神鋼ファブテック(山口県下関市)を吸収合併する。

神鋼ファブテック社は、1986年12月に、同社の長府製造所アルミ押出工場の製造部門を別会社化する形で設立。自動車の軽量化に向けた重点事業として展開していたが、さらなるものづくり力の強化を図るために神鋼ファブテックを統合し、現在のアルミ押出工場における技術と製造の二重組織体制を解消しようというもの。