オムロン 産業用PCプラットフォーム「NYシリーズ」

2019年9月25日

製造現場のデジタル化を推進

オムロンでは、優れた演算性能をもつIntel Xeon搭載モデルから、Core i7、i5 Celeron、Atom搭載モデルまで幅広く品ぞろえをしている。製造現場の大容量データの収集・蓄積から、AI技術を活用したデータ分析等、さまざまな用途で現場情報化が加速する中、継続的に品ぞろえを拡大している。

オムロンの産業用PCプラットフォーム「NYシリーズ」は、長年FA現場で培った耐環境性や高い信頼性を備えており、機器の誤動作や故障を低減、設備稼働時間を最大化でき、そして、長期安定供給している。

今回、新たにインテルAtomプロセッサ搭載モデルを発売。製造現場の「データ収集と見える化」に貢献し、製造現場のIoT化を加速する。

更に、産業用PCモニタで、従来の12、15インチモデルに加えて、19インチモデルを発売。大型でフルHDの解像度のパネルを搭載し、製造現場の「見える化」を強力に推進する。

また、NYシリーズの品ぞろえに加えて、製造現場の情報化を支援するため、制御と情報処理の融合を目指し、業界で定評のある他社の各種ソフトウエア/ハードウエアを組み合わせた“Best Match!”ソリューションを展開している。

https://www.fa.omron.co.jp/solution/sysmac/topics/industrial_pc_features.html