ヤマザキマザック 時短・省人化が可能、AI搭載の新型CNC装置

ヤマザキマザックは、AI技術を活用した新型CNC装置「MAZATROL SmoothAi」と、デジタルツインを実現するソフトウエアシリーズ「MAZATROL TWINS」を発表した。

昨今、製造業では熟練作業者の不足やニーズの多様化への対応、多品種少量生産の効率化などが深刻化しているが、同社はこれらの課題をAI、デジタルツイン、自動化といった最先端技術を採用し、工作機械の性能を最大限に引き出す新CNC装置とソフトウエアを開発。

MAZATROL SmoothAiは、AI技術を活用したプログラム簡易作成機能や、加工条件の自動補正機能を搭載し、さらに自動化支援機能を強化した新型のCNC装置。生産リードタイムの短縮や省人化が可能となる。

MAZATROL TWINSは、加工現場にある工作機械の仮想モデルを、オフィスのPC上に作成できるソフトウエア。工具データや各種パラメータを含め、あらゆるデータを現場の工作機械と同期させることで、PC上の仮想モデルで無駄を省き精度の高い段取り(デジタル段取り)を行うことができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG