IPCとジャパンユニックス、基板実装セミナーに70人

NASAの信頼性基準など紹介

IPCとジャパンユニックスは9月12日、東京・品川のフクラシア品川で「IPCスペースエレクトロニクスセミナー」を開催し、宇宙産業向けの電子機器の信頼性とはんだ付けの最新事情を紹介した。満席となる70人が参加した。

はじめにIPCのジャック・シュー氏が航空宇宙エレクトロニクス業界におけるIPCの国際標準と、2019年2月に発表したIPCによるプリント基板の実装機と製造工程のIoT国際標準規格「IPC CFX」を紹介。次いでNASAゴダード宇宙飛行センターのBhanu・Sood氏が、NASAが考えるプリント回路基板の信頼性とリスクの基本概念、回路基板と電子組立品の性能に影響を与える品質と障害メカニズムの関係について解説した。

最後に日本におけるIPC活動の最新動向について、日本窓口を務めるジャパンユニックスが紹介。IPC国際標準書について、今後IPC-2221B共通基準と高密度プリント基板のIPC-2226Aのほか、はんだ材料に関してフラックス、ソルダペースト、ソルダアロイの標準書の日本語化をリリース予定。IPCトレーニングと国際認証資格については、今後のスケジュールと、20年夏に宇宙航空・軍事用途はんだ付けトレーニングを開講すると発表した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG