THK 「OmniTHK」開始、マイクロソフト、NSWと連携

THKは、WEBで提供している最適な製品選定や見積もり作成ができる顧客とのコミュニケーションプラットフォームサービス「OmniTHK」について、日本システムウエアと日本マイクロソフトと連携すると発表した。同サービスをMicrosoft
Azure上で構築・提供するほか、サービス拡張に向けた技術検証支援やサービス拡販、共同マーケティングなどを共同で行っていく。

同サービスは、THKとエンドユーザー、販売代理店間を連携するコミュニケーション基盤として7月から全面提供を開始している。同社の顧客がこれまで困っていた課題に対してWEBで解決策を提供することで、デジタルによる新たな関係性の構築を目指す。

具体的なアプリケーションとして4つの機能を提供。短納期品の在庫検索や価格、納期などの情報取得ができる「Fast Delivery」、システム上で見積もり依頼や取得、書類のダウンロードができる「Orders」、大量にある図面の管理と、AI画像解析を使った部品共通化や設計ノウハウを支援する「Your Catalog」、顧客の生産計画とTHK・販売代理店の供給時期・数量を一括管理することで発注時期を見える化・効率化する「Forecast」。利用料金は無料となっている。

さらに、現在提供中の、同社のLMガイドの状態監視と予兆検知ができるIoTサービス「OMNIedge」についても、連携も視野に入れてサービス拡充を進めていくとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG