人手不足解消に向けた企業の意識調査、「賃金水準の引き上げ」がトップに

2019年9月18日

現在、就業者の増加傾向が続く一方で、2018年度の有効求人倍率は45年ぶりの高水準となるなど、労働需給のひっ迫度は増している。また、限られた人材の獲得に向けて企業間の競争が激化する一方で、求職者にとっては就業機会の拡大や賃金の上昇など明るい材料として捉えられる。 こうしたなかで、人手不足による人件費の上昇が企業の収益環境に大きく影響するなか、人材の確保や生産性の向上など、人手不足の解消に向けた取り組みは企業の喫緊の課題となっている。 そこで、帝国データバンクは、人手不足の解消に関する企業の見解について調査を行なった。 調査期間は2019年8月19日〜31日、調査対象は全国2万3638社で、有効…