キヤノン 画像処理ソフトウエアがURの認定取得、日本企業初 協働ロボット活用拡大

2019年9月11日

記者会見で握手するキヤノンのイメージングソリューション事業本部枝窪副事業本部長(左)とURの山根北東アジアゼネラルマネージャー

キヤノンは、デンマーク・ユニバーサルロボット社(UR)の協働ロボットと連携する画像処理ソフトウエア「Vision Edition-U」が、日本企業で初めてURの認定製品プラットフォーム「UNIVERSAL ROBOTS+」(UR+」)の認証を取得した。

キヤノンのネットワークカメラなどとUR社製の協働ロボットと連動することにより、ロボットの手元から作業場の周囲まで、用途に応じて撮影・画像処理を行うことで、ロボットの「眼」の役割を担う。発売開始は2019年10月上旬。

Vision Edition-Uは、ネットワークカメラが持つ光学ズームやオートフォーカス、パン・チルトなどの機能を用いた柔軟な画像処理設定が可能で、1台のカメラで工場全体の監視する「鳥の眼」から、QRコードやアナログメータの読み取りといった「虫の眼」として複数の作業に活用できるのが大きな特徴。

キヤノンのイメージングソリューション事業本部枝窪弘雄副事業本部長は「監視カメラ市場に比べれば販売台数は少ないが、FA領域で今後1万台ぐらい販売したい」と語り、URの山根剛北東アジアゼネラルマネージャーは「認定製品にキヤノンが加わることで、国際的に市場が広がることを期待している」と述べた。