AIエンジニアリング、インフラ設備を可視化 “工場ドクター”提供開始

AIエンジニアリング(大阪市淀川区)は、日本の製造業の課題をAI・IoTで解決するためのプラットフォームサービス「工場ドクター“FORS(フォース)”」の提供開始を発表した。

同サービスは、ユーティリティ設備(工場の稼働に必要なインフラ設備)にセンサーを取り付けて装置の状態を可視化し、取得したデータをAIで分析して最適な作業タイミングやアラート通知をワンストップで提供するプラットフォームサービス。

設備の状況を把握できるダッシュボード画面、メールやSNSでアラートを通知する機能、リアルタイムの数値で報告書の作成ができる機能を標準搭載している。AI技術には、同社の提携先であるスカイディスク(福岡市)と共同研究・開発したAIモデルを実装。

「Fuzin(風神)」「Orizin(機神)」「Raizin(雷神)」「Suizin(水神)」の4つの機能で構成され、第一弾は、水処理設備向けの機能「Suizin(水神)」のサービス提供を開始。井戸ポンプ、各種ろ過装置、薬注装置など、水処理設備のリアルタイム可視化と、AIによる自動化サービスを提供する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG